2020年6月11日木曜日

カケス

最近、カケスを見かけない。奥山にはいっていないが、金沢の里山では、声も聞かない。

2020年6月7日日曜日

やや二日酔い

珍しく、朝まで酒が残った。麻の鳥の調査をこなしてから、少し昼寝。遅い事務所出勤。

2020年6月6日土曜日

両生類自然史フォーラム(Web)

両生類自然史フォーラムは約40名の参加があった。Webでの初めての試みであるが、成功と言って良いだろう。20名弱が参加してWeb懇親会も盛り上がった。

2020年5月30日土曜日

忘れかけていたこのブログ(再開を誓う)

このブログの存在を忘れかけていた。この2年間は息つく暇もないくらいに忙しかった。少し身辺を整理して身軽にする必要がある。

・会紙等の発送作業
・田んぼの作業
・会計処理

2018年12月24日月曜日

妙にへりくだっている最近の若者

へりくだらないと評価されない現代の若者、若者の頃から偉そうな団塊の世代、おじいちゃんをどう乗り越えるか。

2018年7月7日土曜日

アオサギは海鳥?

能登で野鳥の調査をしていたら、アオサギが七尾湾の沖に向かって飛んでいった。どこまで行くのか見ていたところ、定置網の浮きに停まった。そこで魚を捕るのだろう。アオサギは海鳥か?いやはや、たくましいやつだ。

2016年4月10日日曜日

2016年4月10日

比較的穏やかな日曜日。
自己実現と社会貢献についての簡単な考察。
最近の若者と話していると社会との関係性を意識していることが多いと感じる。自分の夢とかやりたいことが社会の中でどのように貢献するのかということとむすびつけて考えているように思う。ヒーローになるとか注目されるとかといったこととは違って、社会の中での自分の役割といったことに視点を置いている。成長社会の中では社会的に成功することが自己実現の姿であったが、成熟社会においては社会的役割を果たすことが自己実現の姿で歓びに結びつくことなのかも知れない。NPOやSNSなどがもてはやされることについて、こうした背景があると考えると理解しやすい。
成熟社会の中での自己実現ということは、NPOの運営において、とくに次生世代にどうつなぐのかを考える上で必要な視点と考える。これはいまのNPO の活動をしている主流の人たちには当たり前のことかもしれないが、団塊の世代を含め、競争の原理の中で生きてきた自分たちの年代や自分より年上の人たちのなかでやってきた人間にとっては、今の若者とは考え方に大きな違いを感じる。欲が無いのである。一方社会の一員としての自覚はある。人間が進化しているということであろうが、同時に厳然と拡がりつつある格差社会との関係も気になるところである。この辺また別途考えたい。